教えて!女性の育毛情報館

スポンサードリンク

2010年10月25日

髪が生える仕組み!構造を理解しよう!

女性にとって気になる抜け毛や薄毛、その対策の為に、まずは髪の毛が生える仕組みを理解しましょう。

■髪が生える仕組みとは?

なぜ薄毛になるのか。
髪の毛が抜けるのか。その問題をより理解するために髪がどうして生えるのかについても理解しておきましょう。

髪は人間の皮膚が変化してできたものであり、皮膚の外に出ている「毛幹」と、下に隠れている「毛根」とに大別されます。

髪の毛が生えるメカニズムは、この「毛根」部分の根っこにあたる「毛母細胞」へ、血流によって多くの栄養成分や酸素と共にホルモンなどの成長因子が運ばれ、毛母細胞から何らかの成長促進因子を産出。

細胞分裂を促すことで「毛包」に新しい毛が作られ、頭皮の外に押し出されて髪の毛が伸びていくのです。

髪の毛がすくすくと元気に成長している時には、外からは見えない頭皮の下に隠れた毛母細胞が、きわめて活発に細胞分裂を繰り返していることになるのです。

■薄毛はヘアサイクル(毛周期)の異常が原因

どんなに健康な髪の毛にも実は寿命があります。
女性は大体30歳〜35歳になると老化がはじまってくるといわれています。

ある一定の期間伸びた髪は自然に抜け落ち、新しい髪に生え変ります。この周期を「ヘアサイクル(毛周期)」と呼んでいます
。髪の毛は、まず一つの毛穴からうぶ毛のような細く短い毛が生え、太く、長く成長します。1日平均0.3ミリのペースで伸び続けるこの期間を「成長期」と呼び、一般に個人差はありますが男性が2〜5年、女性は少し長くて約5〜6年の間続きます。

この毛髪がもっとも活発に伸びる時期を経て、毛根が退化する「退行期」となり、2、3週間後には成長が完全にストップする「休止期」に入り、自然に髪は抜け落ちます。

正常な毛髪サイクルであれば、脱毛した後は2、3カ月を経て再び同じ毛穴から発毛し、同じサイクルをたどることになりますが、何らかの原因で毛髪の成長を抑制する因子が作用し、ヘアサイクルの回転がストップすると、薄毛や抜け毛が生じることになってしまいます。

この「ヘアサイクル」のうちで「成長期」の状態にある髪は全体の85〜90%でしたが、老化が始まると成長期の髪の割合は80%以下に減ってしまいます。

さらに髪が十分に成長できずに健康な太い毛が少なくなり、細くて短いうぶ毛のような毛髪が増えます。これが男性型(壮年性)脱毛症で、名前とは裏腹に男性だけでなく女性にも起こる脱毛なのです。

   スポンサードリンク
 
posted by 育毛ナビゲーター at 08:38 | Comment(0) | 髪の毛が生える仕組み

女性の抜け毛と薄毛対策

女性の髪にとって気になる抜け毛の予防や、いざ抜け毛が見られた時の対策とは?

女性の薄毛・抜け毛の原因とは?

女性の抜け毛の悩み・原因の記事にもかきましたが、まず、円形脱毛症などの病気で病院にいかなければならないものとは別にストレスや遺伝、年齢的なものなどさまざまな要因があります。

その人それぞれに原因と、その対策が考えられるというのを前提において下さい。
やたら髪が抜けるなど、生え際が薄くなってきたなど女性の髪の悩みは最近30代・40代でも増えてきています。

一般的な抜け毛・薄毛の予防・対策には

・生活環境を見直す

ということがまず上げられると思います。

・頭皮の血行を良くする
・頭皮のマッサージをする
・たばこを控える
・お酒の飲みすぎを控える
・適切なシャンプーをする
・食事に気をつける
・ストレスを取り除く
・適度な運動をする
・睡眠をしっかりとる

こういったことで改善されることが随分多いです。

私たちの身体は毎日の生活習慣によって作られます。
まずは、生活習慣を見直してみるとよいですね。

   スポンサードリンク
 
posted by 育毛ナビゲーター at 08:13 | Comment(0) | 女性の抜け毛・薄毛の対策