育毛剤の種類 教えて!女性の育毛情報館

スポンサードリンク

2012年04月08日

育毛剤の種類を知ろう!

育毛剤や育毛を目的とした自体の種類としては以下のようなものがあります。

@男性ホルモンの働きを抑制する
A頭皮の血液循環を改善する
B毛母細胞を活性化する
C傷んだ頭皮を改善する
D体内の発毛環境を整える


育毛剤等の育毛商品は、これらの一つの役割を持たしているか、いくつかを組み合わせることによって特徴を持たせています。

@の男性ホルモンが原因のタイプは男性特有になってきますので(AGAといい病院にかかることができます。)女性の薄毛の原因にはあまり関係がありません。

女性と男性は薄毛の原因も対策も異なりますので、やはり女性用を購入したほうがベストですね。
いい髪の育ちやすい土壌=地肌・頭皮を作ることが、薄毛の改善から育毛へと多くを求められる要素のようですね。

個別に他にも有名な育毛剤をみていくと
Aの頭皮の血液循環を改善するタイプ
髪に必要な栄養を毛母細胞に供給するのは血液です。血液循環を良くして発毛を促進するのがこのタイプです。

このタイプの代表の育毛商品はミノキシジル(リアップ)です。もともとは血圧降下剤でしたが、副作用として発毛が認められたことから、発毛剤として利用されることになったんです。

Bの毛母細胞を活性化するタイプ

毛根に直接働きかけるタイプです配合される有効成分には様々なものがあります。どのような素晴らしい成分でも、頭皮に浸透しなければ意味がないですよね。ほとんどが頭皮から流れ落ちている例もあるようです。

ポリピュアや発毛育毛ミストM-1が有名です。

Cの傷んだ頭皮を改善するタイプですが草木が育つには肥沃な土壌が必要なように、健康な髪は健康な頭皮に育ちます。育毛はまず、頭皮の改善から始まると言っても過言ではないです。正しいシャンプーやリンスの仕方をしましょう。
馬油のウーマシャンプーなどが人気です。

髪によい食べ物もとりつつ体質改善をしながら自分にあう育毛剤をつけて頭皮環境に気をつけていきたいですね。

   スポンサードリンク
 
posted by 育毛ナビゲーター at 13:25 | Comment(0) | 育毛剤の種類